ファーストフード店でバイトしようっ!

学生はファーストフードバイトがおすすめ!

学生はファーストフードバイトがおすすめ!

ファーストフード店ごとのバイト形態の違いと特徴

ピックアップ

ピックアップ

バイト初心者でも簡単

ファーストフード店のお仕事は簡単なのでバイト初心者でも安心して働くことができます。主な仕事内容について確認しておきましょう。

ファーストフード店によって微妙な違いがある

業務形態による違いを知ろう

業務形態による違いを知ろう

ファーストフード店の仕事内容には業務形態に関わらずたくさんの共通点があります。まず駅の近くや駅構内にありバイトに通いやすいこと。営業時間が長いので勤務時間を選べること。そしてマニュアルがしっかりしているので初心者でも働きやすいことなどです。しかし業務形態別に仕事内容に微妙な違いがありますので、今回はそのあたりのことを紹介します。

ハンバーガーチェーン

ファーストフード店といえばハンバーガーチェーンを思い浮かべる人は多いと思います。ハンバーガーチェーン店の仕事は大きく二つに分けると「レジ係」と「キッチン係」になります。レジ係は、商品のオーダー取りやクーポンのチェック、そして会計をして商品を渡すのが主な仕事になります。マニュアル通りの接客をすればよいのですが、感じの良い接客ができるほうがより良いでしょう。
キッチン係は、オーダーが入ったハンバーガーを作る仕事やフライドポテトがなくならないように作る仕事などがあります。ハンバーガーなどの調理に関してもほぼ工場で作られたものを組み合わせる程度ですし、ポテトもタイマー式で温度コントロールも簡単なフライヤーを採用していますので初心者でもマニュアルを覚えれば対応することができます。学生が働く時間帯は、女子がレジ係を担当し男子がキッチンを担当するなど持ち場を分けて仕事をすることが多いようです。

牛丼チェーン

牛丼チェーン店もファーストフード店の中心的な存在で、どの駅前にも必ず牛丼屋さんがあるのが当たり前になっています。牛丼店での仕事内容は、「接客」と「調理」の二つになります。食券を採用しているお店の場合はレジ係をする必要がないのですが、吉野家のように食券を採用していないチェーンではレジ係も仕事に入ります。基本的に接客は、食券を受け取り商品を提供し食べ終わった器を下げるのが仕事になります。
調理は牛丼や定食を作る仕事になります。牛丼は温めるだけですし、定食の際も肉を焼く程度しか調理らしいことはしませんので初心者でもすぐに担当することができます。ハンバーガーチェーンと違うのは接客係と調理係がはっきりと分かれていないということです。食券を受け取り、調理をして提供するまでをひとりが担当することも珍しくありません。

立ち食いそば

「立ち食いそば」は駅前や駅中にある歴史あるファーストフード店のひとつです。仕事内容は「接客」と「調理」です。ほとんどの立ち食いそば屋は食券を採用していますので、接客の仕事といっても食券を渡されたら「うどんかそばか」または「かけそばか、ざるそばか」を聞くだけです。調理はそばやうどんを湯煎して、あらかじめ揚げてあるかき揚げなどを乗せるだけですので簡単です。また食事が終わった後の片づけもお客がセルフで行ってくれますので、テーブルを拭く程度で済みます。駅中にある立ち食いそば屋さんはその立地上終電と同時に店も終わりますので、夜勤をしたい人には向きません。