ファーストフード店でバイトしようっ!

学生はファーストフードバイトがおすすめ!

学生はファーストフードバイトがおすすめ!

ファーストフード店のバイト面接は素直さで突破!

ピックアップ

ピックアップ

バイト初心者でも簡単

ファーストフード店のお仕事は簡単なのでバイト初心者でも安心して働くことができます。主な仕事内容について確認しておきましょう。

素直に元気に清潔に

面接は素直さで突破しよう

面接は素直さで突破しよう

今回はファーストフード店のバイト面接で気を付けるべきことを紹介します。キーワードは「素直に」「元気に」「清潔に」です。ポイントを押さえれば、面接は問題なくクリアできるはずです。

「素直に」受け答えをしよう

ファーストフード店のバイト面接では素直さを前面に出していきましょう。ファーストフード店の仕事の特徴として「マニュアル通りに仕事をする」ということがあります。マニュアルを守って働くためには素直さが必要です。そのためファーストフード店の採用担当者も素直な人材を求めて面接を行っています。
例えば志望動機ですが、これも下手にひねらずに素直な気持ちを話しましょう。特にファーストフード店は、バイト以前にお客として利用した経験が豊富なはずです。そのため「いつも利用していて、学生になったらバイトをしたいとずっと思っていました」とか「普段利用している時にスタッフさんの姿を見て、自分も仲間になってみたいと思いました」など、自分の実際の体験と組み合わせた志望動機を作りやすいと思います。ただ、準備をしないと慌ててしまい変なことを言い出してしまうかもしれませんので、事前に紙などに志望動機をメモしてまとめておくといいでしょう。

そして「元気に」受け答え

ファーストフード店の仕事内容はたくさんの人と触れ合う接客業の側面が強いです。ホール係とキッチン係の境目があいまいですので、誰でも接客をする場面があります。そのため採用担当者は面接できちんと接客ができる人材かどうかも見ています。下を向いてもごもご話をしたり、相手の目をみなかったりすると「接客は無理だな」となってしまいます。
居酒屋のようにホールとキッチンの仕事が分かれている場合はキッチンスタッフとしての採用もあり得ますが、先述したとおりファーストフードはそうはいきません。接客ができないとなると、バイトができないという判断になり面接に落ちてしまう可能性が高くなります。とにかく元気に明るく相手の目を見て、大きな声で受け答えをするようにしましょう。

「清潔さ」を意識した服装選び

ファーストフード店は食品をあつかう仕事ですので、清潔感は何よりも大切です。そのため面接時には「清潔感」を大切にして臨むようにしましょう。ぼさぼさの髪型や伸びた髭などで面接に臨むことは「不採用にしてください」と言っているようなものです。できれば美容院などで髪型をきちんとしておくことをおすすめします。細かい部分ですが爪を切る、ネイルを外しておくことも大切になります。面接時の服装についても、特にスーツなどでなくても大丈夫ですが穴の開いたジーパンや露出の多い服装などは避けましょう。フォーマルな服装でなくてもいいので、カジュアルでも清潔感にこだわった服装を選ぶようにしましょう。